美容師の年収はどれくらい?

美容師の年収はどれくらい?美容師になる為に知っておきたいお金の事。

華やかに見える美容業界の気になる収入はどのくらいでしょうか。
平成25年度の平均年収は280万円。平均月収は23万円です。
しかしこれはあくまでも平均の数値。最初からこの額が貰える訳ではありませんし、結婚し子供を養っている大黒柱がこの様な収入である訳ではありません。どの様に年収が決まっているかをこれからご説明します。

アシスタント時代の給与について

免許の有り無しでも変わってきますが、14万~という美容室が多いです。
技術が向上する度に手当てが加算されて昇給する美容室や、一律16万円で歩合がプラスされる美容室もあります。経営者の方針で様々です。
地方から都内で一人暮らしをするのが厳しいなどの現状もあります。
十年程前は食費を捻出するのも厳しく炊き出しをしていたという話を耳にした事もあります。
現在は地方から出てくる美容師さんのために寮を設けている美容室や、家賃の一部を負担してくれる美容室もあります。

スタイリストの給与について

こちらも美容室によって異なります。固定給25万という美容室もあれば、完全歩合制の美容室もありそれらを掛け合わせた固定給+歩合という美容室もあります。
やればやった分だけ稼げると言うスタンスの美容室が多いです。努力次第でたくさんの給料を貰えます。

自己投資について

アシスタントからスタイリストになるには技術向上のために自己投資をします。
カット練習用のウィッグや講習費用は必須資金です。ハサミ等は高ければ30万を越える物もありますし、1万円の品もあります。平均して8万前後を使う事が多いです。早々に買い替えるものではないです。カットウィッグはお客様の髪を切るまでに沢山の練習をして消費します。価格は1個3,000円~5,000円程度です。もちろん美容室負担のお店もあります。

講習費

講習と言っても多種多様さまざまな講習があります。接客においてのマナー講習、技術面のカットやパーマ講習、縮毛矯正、カラー、セット等は月に何個も催されています。海外で本場のカットを学ぶ方等もいます。無料のものから高額なものまで費用は様々ですが格段に技術を上げるためには、資金を惜しまない方が多いです。

労働時間と休憩時間

昔の美容業界は低賃金重労働と良くないイメージが根付いていた時代があります。正直なところ今でも中々ハードな仕事です。朝美容室に入り、忙しくて気付いたら夜だったなんて事もざらにあります。学校の様に決まったお昼時間が割り振られていないので美容室の混雑時には昼食休憩に入れない事もあります。任意ですが、練習をしていると日にちが変わる事もあります。朝方までカットを追求する美容師さんもいます。

美容師のメリット

厳しい業界ではありますが一度手にした技術は一生ものです。働けば働くだけ稼げますしやればやった分だけ結果が付いてきます。
何故頑張れるのか?と美容師さんに聞けば「楽しい」「好きだから」と良い意味での美容師バカが多いです。美容師の権威の方は60歳を過ぎた頃に「ようやく、カットがわかってきた」と仰っていました。日々進化していく面白い仕事です。