東京ビューティーアート専門学校の学費、評判、設備等をまとめました。

東京ビューティーアート専門学校の評判

悩んでいる時に親身になって相談に乗ってくれた先生には感謝しています。 学んだことはプロになった今でも役立つことばかり。 先生の的確なアドバイスは非常に参考になった。 人として常識的なことから学んでいける学校です。 雰囲気もアットホームですぐに馴染めました。

東京ビューティーアート専門学校の特長

資格取得数は一人7つ、トータルビューティーを学びながら美容師国家資格の取得が可能。総合的なスキルアップを図りながらの資格取得を目指したカリキュラムが魅力的である東京ビューティーアート専門学校。
美容師・ネイル・メイク技術の習得だけではなく「日本エステティック協会」と「日本エステティック業協会」から認定を受けているため、エステティシャンとしての資格取得も目指せます。
筆記と実技双方での能力を高めるために「Bxart全国模試」を開催。生徒の苦手分野と得意分野が模試結果からデータ化されるので国家資格取得に必要となるスキルをピンポイントで判断しサポートします。 そのため過去3年間での美容師国家試験合格率は平均95.3%を記録。また就職率も95.9%と高い結果が出ています。
さらにファッションショーやコンテストなどイベント行事も盛りだくさんなので、生徒間の交流、講師との距離感も縮まりアットホームな雰囲気であることも東京ビューティーアート専門学校ならではの魅力。
プロとして生徒の悩みに的確なアドバイスをすること、美容師になるにはどこを改善するべきか、細かな点までしっかりとサポートしていくことを前提としています。

東京ビューティーアート専門学校の美容科

1年次納入金
1,050,000(分納可/記載は初年度納入金のみ)

東京ビューティーアート専門学校のトータルビューティ科

1年次納入金
960,000(分納可/記載は初年度納入金のみ)
※教科書代、材料費、実習費、検定受験料などは実費負担となり、指定期日(3月下旬)までの納入となります。(実費負担額は学科・学年より異なりますが、年間合計35~45万円前後程度です。
・その他にかかる費用や詳しい内容は必ずパンフレットで確認しましょう。

東京ビューティーアート専門学校の設備

各学科サロン実習室はどれも明るく本物のような高級感溢れる内装。スタイリッシュかつ快適な空間で授業を行うことにより集中力もアップします。
また一人暮らしをサポートする学生寮・アパートも完備。
キャンパスライフをより充実させるために必要とされる家具家電・共有スペースの提供、さらに安心・安全をより優れたものにするべく寮長が常駐、オートロック機能と防犯カメラの設置でセキュリティー強化をしています。
また寮タイプは朝・夕2回の食事付ワンルーム、もしくは自炊タイプシェアハウスの2種類から選択可能。 (学生寮は月額7万円~・シェアハウスは月額49000円~)